FC2ブログ
2018 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 05
潜入捜査官
2018/03/24(Sat)
フェイクレザーのハイレグ、

そして、黒のパンスト

こういうボンデージ調のコスも好き・・・



201803241.jpg


AVで潜入捜査官とか秘密捜査官のシリーズがありますよね。



2018032411.jpg



今回は潜入捜査官をイメージしてみました。



201803242.jpg



201803243.jpg


悪に立ち向かう潜入捜査官


何故か、潜入捜査官のシリーズでは、

ボンデージ調か黒のキャットスーツが多いですね。

やはり正義の味方はカッコいい。



201803244.jpg



201803246.jpg



悪党どものアジトに果敢に体当たりで潜入するも・・・

逆に悪党どもの罠にかかったりして、

犯されてしまうシーンが多かったりします。



2018032413.jpg



201803245.jpg





悪党どもに捕らえられて・・・





201803247.jpg



2018032412.jpg




黒のパンストやボンデージスタイルに発情した男ども

その手が容赦なく潜入捜査官に伸びて来ます・・・




201803248.jpg



2018032414.jpg



妄想っぽくイメージしてみました。



この記事のURL | ボンデージ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
赤のバドワイザー
2018/03/10(Sat)
今年1月に撮影した時の様子です。

真冬の1月ですから、外は気温が低い・・・

ただ、この日は青空が広がってました。

バスローブを身に着け、ラブホの屋上へ移動です。


2018031001.jpg



バスローブを脱ぐと、バドワイザーのハイレグスタイル




2018031002.jpg



2018031003.jpg


メタリック・レッドのバドコス

そして、メタリック・レッドのニーハイでドレスアップ。

やはり、太陽光の下で撮りたくもなります。


2018031004.jpg



2018031005.jpg



2018031006.jpg



背中が丸くなっている様子が、1月の屋外の寒さを物語っています。




2018031007.jpg


妻をドレスアップする・・・

そして綺麗に撮りたいと思って写真を撮っていると、

その気持ちというのは、専属モデルの美里にも以心伝心で伝わるものです。



美里も普段から体型維持に努力はしてますし、

やはり、女性として綺麗に撮ってもらいたいという気持ちも強いでしょうから、

寒さの中、頑張ってくれました。



それ故に、シャッターを押しながら、

妻への愛おしい気持ちも強くなって行きましたね。


2018031009.jpg



2108031010.jpg



日が暮れて、あたりが暗くなったころ、

屋上のジャグジーに一緒に入り、温まりました。



2018031008.jpg



2018031011.jpg



ランボルギーニみたいなスパルタンなスーパーカーには

セクシーなのが似合うと思う。









この記事のURL | レオタード | CM(23) | TB(0) | ▲ top
妻をドレスアップ
2018/03/04(Sun)
更新が遅れてしまいました。

2月は大阪に行っておりました。

向かった先は 「大阪オートメッセ 2018」

1月の東京オートサロン、2月の大阪オートメッセと
規模、動員数ともに最大級のイベントであり、クルマ好きにはたまんないですね。


2018030410.jpg


クルマのイベントってやはり楽しい。


男だったら、愛車をドレスアップすると、友達や仲間にも自慢したくもなりますよね。

クルマをドレスアップするのと同じように妻もドレスアップしてみる。


金をかけて高級ブランド品で着飾るというのではない。

ましてや、「着せ替え人形」 のような低レベルなものでもない・・・

妻をドレスアップするということは、
セクシーさも重要なファクターであるように思う。

やはり 「セクシーだな」 って感じるようでないと、
写真を撮るにあたってワクワク感も湧いてこないし、
シャッターを切ろうとしないからだ。





僕が印象に残っているのは、ハイレグ全盛時の日清のRQ


岡本夏生 と 坂井泉水

もう・・強烈なくらい、印象に残っていますね。


今まで僕が妻をドレスアップすることで、ずっとイメージし続けているのは、二つあって、

一つ目は岡本夏生のパンチの効いたセクシーさ、

そして二つ目は、坂井泉水の凛としていて気高く上品な女性の美しさ。


2018030411.jpg


下の写真はブリジストンの本物のRQ


2018030412.jpg


同じハイレグのコスチュームでありながら、僕が目指している頭の中のイメージは

岡本夏生のセクシーさと

坂井泉水の上品な美しさ。


2018030417.jpg



2018030413.jpg



2018030414.jpg



2018030415.jpg



普段のいつもの美里でありながら、ドレスアップすることにより、
Vゾーンのハイカットのカラーリングとデザインはストリーム・ラインを描き、
切れ上がったデザインは、より 「脚長」 の効果が生まれる。



ラブホにも、レンタルのコスチュームがあって、
バニー姿やバドコスを着て撮る事もあるでしょう。
着替えた女性をスマホやコンデジで撮ったとしても、
それは 「興味本位でただ撮った」 だけの写真・・・


クルマをドレスアップするには・・・

そこには、カッコよく見せるための「こだわり」が有るはずです。



同じように、妻をドレスアップするということは、
頭の中で 「イメージしていること」 や 「こだわり」 などをより具体化して行くことのように思う。



妻をドレスアップするという感覚で写真を撮っていると、
何たって僕は興奮して喜びながら撮っている訳ですから、
美里も撮られるのが楽しいみたいですね。



クルマに高額なカネをつぎ込みドレスアップしても、
クルマは何も言いませんが・・・


妻をドレスアップすると、やはり美里の反応も嬉しいもんです。


愛おしい気持ちに包まれますね。


2018030418.jpg



そして、ラブホですから、
誰の邪魔も入らないし、不倫カップルでもないので、時間を気にする必要もない。



その後は・・・


2018030420.jpg



2018030416.jpg




PS.
いつも鍵コメを送ってくれる人、
ニヤニヤしながらすべて読んでいますよ。

フェチの趣向が同じなのは、やはりこちらも嬉しいですね。

ありがとうございます。







この記事のURL | RQ | CM(11) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ