FC2ブログ
2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
女豹の誘惑
2017/03/26(Sun)

ラブホテルでは、食事も楽しい時間だ。

郊外にあるラブホだとメニューも多いのが嬉しい。

こういう時にいただくのは、肉料理にすることが多い。

僕たち夫婦は、肉食系である。


ランチが終わって、コーヒーを飲み終わるころには、
休日の昼である、ちょっとウトウトとしてくる。


201703261.jpg



美里が豹柄のハイレグに着替えた。



201703262.jpg


豹柄の下着もセクシーであるが、
ただ・・・ブラとパンティのように、ボディを覆う部分は少ない。

このシルバーのメタリックの豹柄
ボディを締め付けるようにピッタリとフィットし、
豹柄とメタリックの光沢感でボディのラインを描く。


201703263.jpg


201703264.jpg


豹柄をセクシーだと感じるのは、
本来、男が持っている動物的な「オス」 の部分が覚醒されるからだろう。

そして同じように女性も動物的な「メス」の部分は持っている。

自然界の掟である、弱肉強食の世界・・・

種の保存の為にも、メスが惚れるのは 「強いオス」 



女豹を前にすると、男もオスになる。

男も性獣のように発情し、興奮もレッドゾーンまで高まって行く。

こうなると、シャッターを押していてもムラムラ感がおさまらない。



20170326 (2)


その後は・・・

薄暗いラブホの部屋の中


オスのように女豹に襲い掛かるのか?


201703267.jpg


201703266.jpg




それとも・・・


女豹に騎〇位で襲われるのか?




201703268.jpg


201703269.jpg









この記事のURL | レオタード | CM(13) | TB(0) | ▲ top
ミリタリー
2017/03/11(Sat)
前回、teddyboyさんからのコメントで、
ミリタリー・ファッションのお話がありました。

「俺もミリタリー、好きやわ~ ♪」


っていうことで、今回は 「迷彩色」で行ってみよう!!

網タイツにニーハイブーツの組み合わせですが、
欲を言えば、M-16 ライフルなど持つと、もっと良かったですね。


2017031101.jpg


ヘリコプターでミッションを遂行するソルジャーっぽくって。


2017031102.jpg


2017031103.jpg


2017031104.jpg


2017031105.jpg


2017031106.jpg


2017031107.jpg


ミリタリーものでは、
F-14 TOM CAT の登場する映画 「トップ・ガン」や
B-17 フライング・フォートレスの登場する「メンフィス・ベル」
若い時に夢中になって見ていまして、後にDVDまで買ってしまいました。


特にフライング・ジャケットというのが好きで、
若い時はこればっかり着ていましたね。



最初はまず、ワッペンの貼ってある 「MA-1」でした。


次に買ったのが、革製のフライト・ジャケットでしたね。


第二次大戦、戦闘機乗りの 「A-2」
これはもう大のお気に入りで、
冬場はこればっかりでした。

そして、革のフライト・ジャケットは、着こむほどに風合いが出てきて、
そこがまた、たまんないんですよね。

そして、爆撃機乗りの為の 「B-3」
「ボマー・ジャケット」と呼ばれてました。

当時のB-17などは、与圧もなく密閉された機体ではなかったので、
敵との戦いの前に、上空の 「寒さ」 との戦いでした。

実際に着てみると、裏地が羊毛なので、ホント 暖かい。


当時はキャンプにも美里とよく行っていたので、
冷え込む夜でも、革製のフライト・ジャケットはさすがに暖かい。

キャンプでの防寒の機能性として
そして、アウトドアのファッションとしても
革製のフライト・ジャケットはよくマッチしていたと思います。


この記事のURL | レオタード | CM(25) | TB(0) | ▲ top
スタイリッシュでいたいという気持ち
2017/02/03(Fri)
夏休みや正月は食べる機会も多く、
この正月も美里は 「太った~」 って大騒ぎ。

ただ、普段から歩く量を多くしたりして、
体型維持には気を使っているみたいです。



2017020301.jpg



2017020302.jpg



新米のタレントや女優が、
ある時期から劇的に綺麗になることがありますよね。

それは、「見られる喜び」 を知ったということと、
より綺麗になろうとする意識が働き、
美しさに磨きがかかって行くのだと思います。


今は素人でも簡単にネット上に写真を掲載できる時代となりました。
スタイルの良い女性
スタイルの悪い女性、
それは様々です。


ただ、素人の撮った妻の写真でも、
やはりネット上に上げるんであれば、少なくとも「見栄え」って重要だと思うんです。
だって人様にお見せする訳ですからね。



スタイルの良い女性は、見ていて気持ちのいいもんです。
そして、スタイルの良い女性は、見るものに癒しを与えます。



美里にも、女性特有の美意識や女のプライドみたいなものがあるのでしょう、
たるんだボディだと、とてもじゃないけど人様にお見せできない・・・

正月休みの後もウォーキングに励んでいて、
その結果、体型も元通りにしてしまいました。

やはり、「美意識」 っていうのが、
いかに女性の美容と健康に大切かってことだと思いますね。

ただ、ダイエットをするにしても、
ダイエット食品に多額のお金をかけたり、無理なダイエットをしていないのが、
僕にとってはありがたいことです。

心に余裕が無いと美容にも意識が向かわないでしょうし、
そしてまず第一に、健康的じゃないと美容もへったくれもありません。

そういった点では、我が妻ながら感心してしまいました。

そしてなにより・・・
いつまでも綺麗でいたいっていう女心って、かわいいじゃないですか。



2017020303.jpg



2017020304.jpg



2017020305.jpg



僕の妻撮りは、妻の 「いつまでもいい女でいたい」 という女心に
レンズを向け、夢中でシャッターを押すこと。

ちょっとカッコつけた言い方をすると、
「綺麗でいたい」 という女心を写真という形にすることかな・・・

そして、妻の気持ちを満たしてあげること。

下品でグロな写真を撮っても、美里は喜びませんからね。

CMでは、化粧品やダイエットや美容に関するものの多いこと・・・
本来、女性って美に対する欲求を持っているんだと思います。



そして美里にいい女でいてもらいたいというのは、旦那の願いでもあり、
その想いが妻の写真を撮り続ける原動力のような気がしますね。




2017020306.jpg


画像 追加しました。



201702051.jpg




人気ブログランキングへ








この記事のURL | レオタード | CM(22) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ