FC2ブログ
2016 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2016 08
雨のサーキット
2016/07/09(Sat)
晴天のサーキットは確かに清々しく、
突っ走るマシンも見ていて気持ちが良い。

201607091.jpg



201607092.jpg



201607093.jpg


レースを見に行こうと予定している時は、天気予報が気になるものである。

ただ、当のレーサーおよび関係者のほうが、もっとシビアだろう。

路面の状態によってどのタイヤを選択するか?
各チームともスタート直前まで悩むところだろう。

2016070911.jpg

レース開催時に雨だと、
サーキットに行くこと自体、止めてしまう人も多いのではないだろうか?
実際、以前の自分はそうだった。
雨の中、レースの写真撮るのは、体もカメラもずぶ濡れになるからね。

ところがいつの頃からだろう、雨のサーキットも良いもんだと思うようになったのは。

若い頃からクルマの写真はいろいろ撮って来てはいるが、
それはすべて晴れた日の写真ばかり・・・

例えて言うと、ポートレートで言う、ニコパチ的な写真ばかり・・・
ポートレートの王道ではあるが、ニコパチの写真って、やはり段々と飽きも出てくる。
それよりも、ふと視線を外した表情や後ろ姿など、雰囲気のある写真のほうに、
グッと来る時がある。

晴れた日のクルマの写真がニコパチ的だとすれば、
雨の日の写真はまた違ったシーンを見せてくれるチャンスでもある。

2016070913.jpg

どんよりとした空・・・

水しぶきを上げながら突っ走るマシン・・・

雨で濡れたアスファルト・・・

カメラもずぶ濡れになりながらも、
やはり好きなものを撮っているということに、喜びを感じる。

灰色がかった空気感の中であるからこそ、
ランボルギーニの姿は存在感を増し異彩を放つ。

また、雨であるが故に、レース前のピットでは、ピリリとした空気感に
包まれているように感じる。

レースとかスポーツとか真剣に取り組む人間の姿ってホントに素晴らしい。

こちらも敬意を表しながら・・・
そして同じようにピリリとした気持ちでシャッターを押している。

サーキットの中で一体感になれるように感じる瞬間でもある。

2016070914.jpg

RQのパラソルは日よけの為だけではない。

雨の日だってパラソルとブーツがあれば、濡れる心配もないしね。(^^;

2016070912.jpg

ガキの頃、学校の授業中には、ノートにランボルギーニ・カウンタックやミウラを
模写しては授業そっちのけで空想の世界に入っていた。

カメラに興味を持ってからは、実車を撮るのが好きになった。

今は雨であろうと何だろうと、サーキットに足を運び、
サーキットの雰囲気そのものが好きになった。

エンジンの爆音、タイヤの匂いなどすべて五感にビンビンと感じるのが快感。



201607094.jpg



201607095.jpg



201607096.jpg



201607097.jpg





サーキットからの帰り道

雨も降り続いている。

雨に煙る東名高速道路



こういう時にカーステから聞きたい曲をイメージしてみた。

横浜が生んだブルースマン。

振り絞るような声が心にしみる。











ランキングにご協力お願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ セクシー系へ
にほんブログ村



この記事のURL | RQ | CM(16) | TB(0) | ▲ top
| メイン |