FC2ブログ
2020 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 09
好きなものを撮ってますか?
2020/05/19(Tue)
まあ、それにしても何だな。


STAY HOME で家にいると、
パソコンとにらめっこしている時間も、それはもうたくさんある訳でして、
ハードディスクの中にある撮り貯めた写真を見返すのも良いもんです。



2020051901.jpg



写真をピックアップしたり、
露出や彩度を調整したりして、画像を編集したりしていると、
やはり僕にとっては 「癒し」 の時間であり、
その時ばかりはコロナのことなど、頭の中から吹っ飛んでしまいます。



2020051902.jpg



やはり、写真が趣味というのは、

「自分が撮った写真が好き」 というのが大前提になるかと思います。




そして、「自分は好きなものを撮っている」 

と心の底から実感していると充実した気分に満たされますよね。



2020051903.jpg



撮り貯めた写真を眺めながら、

「自分は好きなものを撮っているんだ」

画像編集をしながら、素直にそう思えるのは、
やはり満たされた気分になりますからね。



そして、写真を通して満たされた気持ちというのは、
「継続」 させていかなければ意味がありません。



2020051904.jpg



何事も継続させていけば、それは 「力」 となってかえってきます。

このブログもスタートの時は、
女房のハイレグ写真を撮っているなんてと、
周りからは好機の目で見られたかも知れません。


しかし、10年以上も一貫して継続していると、
「本気度」 というのが何となくではありますが、
伝わって行くんじゃないかと思います。

そんなこんなで、アクセス数も300万にあと少しとなりました。


好きなものを撮らせてもらっている・・・



それがずっと継続してできることの原動力になっていますね。

この記事のURL | カメラ | CM(5) | TB(0) | ▲ top
緊急事態宣言 延長
2020/05/05(Tue)
近所のガソリンスタンドに愛車の給油に行ったら、

ハイオクが120円台・・・

レギュラーも110円台と、

これもコロナの影響で安くなっています。



うちのドイツ車はいつもハイオクなので、

ガソリンが安くなるのはいいですね。



2020050501.jpg



ただ、緊急事態宣言も延長され

都道府県を超えてのクルマの遠出は自粛のままです。





昨年の秋の富士スピードウェイ

2020050502.jpg




富士の雄姿と日本を代表するスポーツカーのフェアレディZ

クルマ単体で狙った迫力ある写真はそれこそ数多くありますし、

世界遺産の富士山を撮っている風景カメラマンも数多くいます。




晴天の青い空

雪の富士山

そしてフェアレディZ




写真だけ見ると撮れそうな感じを受けられるかと思われますが、
大抵は富士山は雲の中に隠れていることが多く、
この3つの条件がそろうことってホント稀なんですよ。


クルマは、駆け抜ける姿を撮っていると、確かにカッコいいですが、
それを情景と絡めたアングルで撮っていると、
更に「写真を撮る喜び」 が増して来ますね。

富士スピードウェイをホームにして長い間撮っていますが、

それは「情景的レース写真」が撮れるから。



たまたま奇跡の一枚が撮れたというのではなく、

頭の中でイメージしていた情景・・・
そして条件がそろって一瞬のタイミングで写真が撮れたというのは、
写真を撮る喜びそのものなんでしょうね。

その写真を撮る喜びを知っているからこそ、
また次も写真を撮りに行こうと思う訳なんです。

写真を撮る喜びがあるからこそ、
「喜び」 の先にあるのが 「写真が趣味」 ということになるのではないでしょうか。














この記事のURL | カメラ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
オートサロン、オートメッセ仕様のD800
2020/02/24(Mon)
連日新型コロナウイルスのニュースばっかりですが、
うがい手洗いをしているせいか、今年は風邪などもひかず、
夫婦そろってピンピンしちょります。



202002277.jpg
(ラブホの撮影ですが、やはり青空が入ると気持ちいい)




2020022403.jpg




先週も新幹線で大阪へ遠征してきました。
大阪オートメッセ2020


東の東京オートサロン、

西の大阪オートメッセ、

クルマ好きには外せないイベントです。




2020022402.jpg



よくカメラのピンボケうんぬんと言っている人が多くいますが、
AFの精度が悪いのではなく、カメラのホールドに甘さがあるのでは?
って思ってしまうことがよくあります。


適正なシャッタースピードを選択した上で、
両脇もしっかりしめた状態でカメラをホールドしなければなりません。


特に縦位置で撮る場合はシャッターを押す右手が上の方に
くるケースになりますので、そうすると、右脇が甘くなります。


僕の場合はカメラは縦位置でフレーミングすることが多いので、
バッテリーグリップを装着して、カメラのホールド性を高めています。

縦位置でも、バッテリーグリップ側のシャッターを押すことにより、
両脇をしめた状態でカメラを操作できるので、ブレ対策には効果的です。

バッテリーグリップはハッタリをカマす為やダテじゃないのよ。


写真にはレンズフードが装着してますが、
実際にはオートサロンみたいな会場ではレンズフードは使用してません。

あと、イベント会場内では、トップライトが当たったりして、
イベコンさんの顔に影ができることがありますので、
外付けのストロボは必需品になります。


こうして見ると、結構な重装備になりますね。

写真が趣味っていうことは、
基本的にカメラが好き、写真を撮ることが好きなことなんだと思いますね。
高校の時から写真を趣味にしているので、これは仕方のないこと。


実際に時間の経つのも忘れ、夢中で好きなものを撮っている時って、
カメラの重さなんて、気にならないもんです。

気にならないというのは、もうカメラがカラダと一体化しているということ。

そこには重さによる苦痛ではなく、写真を撮る喜びしかありません。

写真を撮る喜びを知っているからこそ、また次回も行こうと思うのです。




2020022404.jpg



2020022405.jpg



2020022406.jpg












この記事のURL | カメラ | CM(5) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ