FC2ブログ
2018 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 09
アメリカ版 PLAYBOY
2018/06/24(Sun)
若かりし頃、女性への関心、性への関心が高まって行くに従い、
外人の女性への関心も次第と高まって行きました。



201806241.jpg



やはりその中で入門書というべきか、
目にしやすさからいうと、やっぱりアメリカ版 PLAYBOY となるでしょう。

PLAYBOY誌に登場するモデルは PLAYMATE と呼ばれてました。

PLAYMATEだけを載せた豪華版の写真集を兄貴が持っていて、
兄貴がいない時に部屋に忍び込んではこっそりと写真集を見ていました。


「やっぱ金髪女性はいい・・・」


金髪の綺麗な髪、そして色白の肌、
バレーボールのような弾力性のありそうなバスト。
そして丸みのあるヒップ。
大事なVゾーンのところには日本語版はボカシが入ってましたが、
本場アメリカ版はボカシの無いノーカット版・・・
エライ興奮しながら写真集を見ていました。

陰気臭く、淫靡な感じのする日本のエロ本とは違い、
写真の背景の綺麗さもありました。


「女性の体は美しい」


PLAYBOYの金髪女性のヌードやグラビアを見て
美人の金髪女性、そしてうっとりするようなボディラインを見てホントそう思いましたね。

陰気臭い日本のエロ本とは全く異次元の
別格と言うべき格上のヌードやグラビアがPLAYBOY誌でした。

事実、世界でもっとも有名な雑誌でもありましたからね。
そして、登場するモデルもハイレベル・・・
パーフェクトボデイは高嶺の花と言うよりも、雲の上の存在でもありました。

外人のセクシーモデルとベットで国際親善をしたい・・・
男だったらPLAYBOYを見ながら妄想を膨らませていたわけです。



201806242.jpg


201806243.jpg


201806244.jpg


元々、僕はカメラや写真にも興味がありましたが、
写真を撮るカメラマンにもすごく興味があるんですよね。


2011年ごろだったかなぁ・・・

PLAYBOY誌にも掲載されているカメラマンにすごく興味を持ってました。


そのカメラマンの名前は 

Arthur st john

そして、どんなカメラを使っているのか、とても気になっちゃうんですよ。
いろいろ調べ上げた結果、当時そのカメラマンが使っていたのは、
Canon EOS 5D MarkⅡ


彼の作風の特徴であるHDRを駆使した作品・・・
コントラストと彩度を極限まで高めた作風はとても印象に残ってますね。
インスタでもずっとフォローし続けているカメラマンです。

2011年頃は僕もそろそろフルサイズという気持ちになっていた時でもありましたので、
僕は迷わず、Canon 5D MarkⅡ を買いました。
Arthur st john の影響も大きかったですけどね。


当時はまだAPS-Cのセンサーが主流の時でした。
フルサイズ機がまだめずらしい時期でもありましたので、
5D MKⅡ を持った時は嬉しかったですね。

僕は縦位置の構図の写真を撮る割合が多く、
縦位置での手振れ防止やホールド性を高める為、バッテリーグリップも
同時に購入しました。

バッテリーグリップを付けるとフラッグシップ機 1DX系のような迫力になります。


201806245.jpg




201806246.jpg


201806247.jpg


201806248.jpg



まあ、当然のことながら、プロと同じカメラを持ったからと言っても
PLAYBOY誌のようないい写真が撮れる訳ではありません。当たり前の話ですけどね(^^;
ま、そこがカメラの面白い部分でもありますけどね。










この記事のURL | カメラ | CM(12) | TB(0) | ▲ top
ハイキー? それとも ローキー?
2018/01/14(Sun)
お気に入りのブルーのメタリック

高めのハイヒールを履くと、ゆうに180センチは越えてしまう・・・

まさに 「そびえ立つ」 感じ。


201801141.jpg



201801142.jpg


さて、意図的にカメラの設定をプラス側に補正し、
全体的に明るめの作風にするのが、ハイキー。



ハイキーの作風だと、ラブホでの窓から入る優しい太陽光を更に明るめに、
そして全体的に優しい感じの作品になりますね。



201801143.jpg




女性のポートレートの撮影ではよく使われるハイキーですが、
妻撮りの場合でも応用することが出来ますし、
作品に、「上品さ」 が感じられるのがハイキーです。



201801144.jpg



それとは逆に、意図的にマイナス側に補正し、
暗めの作風にするのが ローキーです。


ラブホは本来、薄暗いところ・・・

部屋の窓も閉ざされているとこが大多数です。

暗い部屋の中
メタリックの生地が青く光る様子によって
女性らしいボディラインの凹凸も表現し
妖艶さを醸し出しています。



201801145.jpg



ハイキーでもローキーでも
ハイレグ画であれば、男の視線がいくのは、
ヒップと切れ上がったVゾーン。


201801147.jpg




切れ上がったVゾーンって、とても魅惑的ですよね。
ホント、女体の神秘を感じます。
セックスアピールを感じさせ欲情もするが、、
一方では新たな生命を誕生させるとても神聖な場所でもあるから。
ただ・・・下品で画質の悪いヌードには何の欲情もしないですけどね。



201801148.jpg




「あなたは、ココが好きなのね」



妻を愛することと言うのは、
妻のボデイを愛すること・・・


一般的に女性の立場からすれば
Vゾーンを魅せることは 「恥ずかしい」 ことだろう。

毎晩、美里のVゾーンにそっと手を伸ばす・・・

パンティの上から触っていると、とても癒される。
愛でながら撫でてそのまま眠りにつく・・・

その日にあった仕事上の嫌なことも、
すっかり吹き飛んで眠りにつくことができる。

そうそう、撫でやすいように、
光沢があってツルツルのパンティが僕の拘りなんですけどね。








この記事のURL | カメラ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
A Happy New Year
2018/01/04(Thu)
あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。


2018010401.jpg


正月の初夢で縁起の良いものに

「一富士 二鷹 三茄子」 と昔から言われております。

今や世界遺産にもなり「富士」の美しさは広く海外でも知られています。



その 「富士」 と 「GT-R」 の写真

富士山を背景にサーキットを駆け抜ける日本を代表する AUTECH と CALSONIC

これだけの役者を一枚のフレームの中に納める・・・
実は撮れそうでいて、リアルではそう簡単には撮れない写真なのです。

サーキットから見る富士山は近くにありながら、
大体は雲に覆われ姿を見せてくれません。


夏場は見えたとしても、雪の無い富士の為、魅力半減・・・

そして、晴天の下、そもそもレースが行われてないと、
「情景的レース写真」 とはなりません。


この日は天気は快晴、雪化粧した富士山も姿を見せています。

もう体はシャキーンとしてますね、

サーキットに着き、この場所まで移動している時も自然と早歩きになりますし、
場内に鳴り響くエンジン音と共に自ずと高揚して来ます。


「頭の中で、イメージはできている」


情景的レース写真は、撮影する前の 「己のイメージ」 が全て。

どのように撮るか? そして、この撮りたい時に目的にあったカメラかレンズか?・・・

たまたま歩いていたら花が咲いていたとか、
撮りつくされた観光地の景色など、極端な話、どのようなカメラでも良い。
また撮ろうと思えば、撮れてしまうから。

しかし、好きなもの、そしてイメージしていたものを確実に撮るという時は
やはりカメラにもこだわりたいものです。

メインカメラ Nikon D800 の出番となります。
好きなものを追っかけている時は自分自身夢中になっているので、
一眼の重さや大きさなど気にならないものなんです。

後は、富士をバックにした情景に「GT-R」が入ってくるのを待つだけ。



「来た!」


2018010402.jpg


2018010403.jpg


S字コーナーを抜け、先頭にAUTECH そして追うように CALSONICの青い車体。

チャンスは一瞬


毎年足を運んでも天候によっては撮れないことが多く、
数年に一回、撮れるか撮れないかの写真ですが、

昨年秋にお気に入りの一枚が撮れました。



次のお気に入りは何年後になるかな?(^^;


翌年も天候状況によっては、満足に撮れないかもしれませんが、
イメージしたものを撮るためにサーキットに足を運ぶんだろうな・・・

来年も、またその次の年も・・・

いい写真が撮れても、撮れなくても・・・

快晴の日には歓喜し、曇り空の日には苦笑いしながらも

それでも毎年 撮り続けて行く。



やっぱ、それが写真を趣味にするってことだからね。


2018010404.jpg



(でちゃうガール 女王様ポーズで)



2018010405.jpg


先月12月はHEXA氏が出張で上京し、合間に忘年会をしました。

今回は美脚ではなく、航空写真が酒の肴となりました。

写真は被写体探しの旅と言われてますが、
一貫して撮り続けているカメラマンというのは、
写真を撮る目的も明確ですし、撮る喜びも体得してますから、
やはり興味深く、そして、酒の席での話も面白いですね。


2018010406.jpg


2018010407.jpg


妻撮りやブログもいつかは引退する時が訪れるでしょう。

コラボ撮影したりしても、
どちらかが辞めれば、そこで交流も自然消滅となります。

ところが、カメラを趣味にしている者同氏の結びつきは、
同じヒコーキ好きとしての交流は続く訳でして、
たまにビールを飲みながらカメラ談義をするなど、
付き合いはずっと続くように思いますね。


2018010408.jpg


ネットととは言え、出会いは不思議なもんです。


2018010409.jpg












この記事のURL | カメラ | CM(12) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ