FC2ブログ
2020 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2020 05
オートサロン、オートメッセ仕様のD800
2020/02/24(Mon)
連日新型コロナウイルスのニュースばっかりですが、
うがい手洗いをしているせいか、今年は風邪などもひかず、
夫婦そろってピンピンしちょります。



202002277.jpg
(ラブホの撮影ですが、やはり青空が入ると気持ちいい)




2020022403.jpg




先週も新幹線で大阪へ遠征してきました。
大阪オートメッセ2020


東の東京オートサロン、

西の大阪オートメッセ、

クルマ好きには外せないイベントです。




2020022402.jpg



よくカメラのピンボケうんぬんと言っている人が多くいますが、
AFの精度が悪いのではなく、カメラのホールドに甘さがあるのでは?
って思ってしまうことがよくあります。


適正なシャッタースピードを選択した上で、
両脇もしっかりしめた状態でカメラをホールドしなければなりません。


特に縦位置で撮る場合はシャッターを押す右手が上の方に
くるケースになりますので、そうすると、右脇が甘くなります。


僕の場合はカメラは縦位置でフレーミングすることが多いので、
バッテリーグリップを装着して、カメラのホールド性を高めています。

縦位置でも、バッテリーグリップ側のシャッターを押すことにより、
両脇をしめた状態でカメラを操作できるので、ブレ対策には効果的です。

バッテリーグリップはハッタリをカマす為やダテじゃないのよ。


写真にはレンズフードが装着してますが、
実際にはオートサロンみたいな会場ではレンズフードは使用してません。

あと、イベント会場内では、トップライトが当たったりして、
イベコンさんの顔に影ができることがありますので、
外付けのストロボは必需品になります。


こうして見ると、結構な重装備になりますね。

写真が趣味っていうことは、
基本的にカメラが好き、写真を撮ることが好きなことなんだと思いますね。
高校の時から写真を趣味にしているので、これは仕方のないこと。


実際に時間の経つのも忘れ、夢中で好きなものを撮っている時って、
カメラの重さなんて、気にならないもんです。

気にならないというのは、もうカメラがカラダと一体化しているということ。

そこには重さによる苦痛ではなく、写真を撮る喜びしかありません。

写真を撮る喜びを知っているからこそ、また次回も行こうと思うのです。




2020022404.jpg



2020022405.jpg



2020022406.jpg












この記事のURL | カメラ | CM(5) | TB(0) | ▲ top
ハイヒールと一眼
2019/11/17(Sun)
妻撮りに使用しているカメラは
メインがニコンD800にズームレンズ。



2019111711.jpg




そしてサブにCANON 5D MARKⅡ
レンズは単焦点の40㎜と50㎜を組み合わせています。



2019111712.jpg



撮影を始める前にテーブルの上にハイヒールと一眼を並べては
試し撮りなんかをよくしてます。


あと、縦位置で撮るケースがほとんどですので、
ホールドを高める為に2機ともともにバッテリグリップ(縦グリップ)を装着してますね。

バッテリーグリップを付けると、見た目はNikon D5 やCanon 1DXのようにもなります。


過去に本番前の試し撮りで撮ったハイヒールと一眼ですが、
ゴツい一眼と赤のヒールが、 「赤と黒」 といった感じで、なかなかいいかも。



2019111714.jpg



2019111716.jpg



このブログ的にはハイヒールは必需品。

特に赤いハイヒールはハイレグとの組み合わせでアクセントになりますが、
アングルによっては主役にもなりえます。



2019111715.jpg



2019111713.jpg



2019111717.jpg



ラブホという非日常的な空間だと、
女性はハイヒールを履くと、ちょっとエッチな気分も高まって来るんでしょう。

男はそれに欲情するんだな。












この記事のURL | カメラ | CM(5) | TB(0) | ▲ top
天才アラーキーの言葉
2019/09/29(Sun)
「男なら女を撮れ。
カッコつけて空とか街とか撮るな。
ちゃんと隣にいる女性を撮れ、だよ。」



これは天才アラーキーが言った言葉だが、
やはりとても心に響いてきますよね。


カッコつけたり、スカして空とか街とか撮ってんじゃね~よ!

そう、彼女とかパートナーとか奥さんがいるんだったら
ちゃんと撮れっていう鋭い一言なんですね。

とても共感しますね。
僕もクルマやヒコーキも撮ってますが、
やはり重きを置いているのは、「妻撮り」のほう。




201909291.jpg




実際、天才アラーキーも写真家としてエロスも撮っています。
それがエロなのか芸術なのかは見る人の感性によるものだと思います。



「ちゃんと隣にいる女性を撮れ」
この 「ちゃんと」 というのは、
画質の悪いものや、ハレンチな痴態など、
女性の品位を下げるようなものではなく、
意識してキレイに撮ってやろうじゃないか、というように
僕は天才アラーキーの言葉を解釈しているんですけどね。




キレイに撮り続けようとするとね、
やはりそこには撮り手の 「情」 とか 「愛着」 っていうものも出てくるわけなんです。









この記事のURL | カメラ | CM(7) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ