FC2ブログ
2016 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 02
お知らせ
2016/09/01(Thu)
パソコンがとうとうクラッシュしてしまいました。
更新もできない状態が続いています。
新しいパソコンを導入中につき、
お待ちくださいますようお願いいたします。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マリーナの大人の休日
2016/07/31(Sun)
美里のハイレグ画を楽しみにしていた方、ゴメンなさい。

今回は僕たちの休日のワンシーンから。
(外の写真は珍しいかも)


201607312.jpg


201607311.jpg


僕がまだ美里と知り合う前の独身だった頃、
夏になると無性にクルマで出かけたくなるし、
そしてクルマの中では、夏の定番というべき音楽が流れていた。

山下達郎さんの FOR YOU

当時はカーステと言えば、カセットテープの時代が長く続いていた。
お気に入りの曲は、ノーマルテープではなく、
マクセルのハイ・グレードのメタルテープに録音していた。

メタルテープから流れる最初の曲 
スパークルの小気味良いギターのカッティングが流れるともうですでにヒートアップ。

またアルバムジャケットの英人さんのイラストも印象的で、
まさに 「夏」 のイメージにぴったりのアルバムだった。

英人さんのイラストには青い空とヤシの木、
洒落たクルマ、そして、マリーナの情景がよく描かれていた。

トンネルを抜けて初めてこのマリーナに来た人は、
立ち並ぶヤシの木とリゾートマンションに海外に来た錯覚を覚えるかも知れない。

ここのマリーナの駐車場には、高級車がずらりと並ぶが、
イラストに描かれているような、カブリオレのクルマがぴったりと来るような感じがした。

若い頃はよくここでヤシの木をバックに自分の愛車の写真撮っていたなぁ。

カッコいいクルマ、そして助手席にはいい女を乗せて・・・
独身時代はそんなことを考えるのも楽しいもので、
FOR YOU はそんな気分を盛り上げてくれるアルバムだった。


20160731411.jpg



201607317.jpg


僕らは年の差夫婦。

この年の差というのは、音楽の趣向なども全く異なる訳で、
もっぱらクルマの中で聴く音楽というのも美里が優先権を握る。
ジャニーズ系とかドリカムがよく流れるわけだ。

このマリーナも二人のお気に入りの場所なので、よく来るのだが、
以前はカジュアルなスタイルばかりだった。


201607316.jpg


201607318.jpg


天気の良い日は、マリーナの横のカフェのオープン席が気持ちいい。
美里はハイヒールを履くと更に長身になるので、
マリーナをさっそうと歩く姿は、他の男性の視線も集めとても目立つ。

エレガントな装いとハイヒールだと
まるでモナコのように感じてしまうのは、僕だけではないだろう。
お金はかけずとも、贅沢な時間が過ごせる空間が僕らは好きだ。


201607315.jpg


201607313.jpg


普段の私服でもちょっとした上品さやエレガントさがあるスタイルが好き。
今までもう何回も行っている場所ではあるが、
年齢と共に美里の私服のスタイルもカジュアルからエレガントへと変わっていった。


やはり、クルマが止まって、助手席のドアが開き、
まずはじめにハイヒールとパンストの脚が現れ、
そして、すくっとクルマの横に立つ。
ドレッシーなスタイルとハイヒールとパンスト脚だから良いのである。
ジーンズとスニーカーじゃ・・・ん~・・・


201607319.jpg


いつもは、クルマの助手席のドアなど、開けたことなどないが・・・


「ちょっと待ってて、今クルマのドアを開けるから」

ちょっぴりエレガントなスタイルをした時など、
妻の助手席のドアの開け閉めをしてみたくなる・・・

そんなことをふと思ってしまう大人の休日。




ランキングにご協力お願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ セクシー系へ
にほんブログ村






この記事のURL | 未分類 | CM(24) | TB(0) | ▲ top
ジャパネスク(Japanesque)
2016/05/14(Sat)
東日本大震災の復興もまだ半ばですが、
また熊本・大分で大震災の悲しいニュースが連日続いております。

被災された方、いまなお避難所で生活されている方、
余儀なく窮屈な車中泊をされている方、お見舞い申し上げます。

やはり大きな災害が起き、被害の甚大さをニュースで知ると、
正直言いまして、ブログを更新するという気分になれない自分がいます。

前回の記事より一ヶ月も間が空きました。
更新も自分で自粛しておりました。
コメントをいただいている方々にも返信もできず、
たいへん申し訳なく思っています。
私自身、仲良しブログ様などへのコメントも控えさせておりましたので、
何卒、ご容赦願いますようお願いいたします。

やはり大震災以降、皆様もいろいろ考えさせられることがあったと思われますが、
僕も東日本大震災、そして今回の熊本・大分大震災といろいろと考えさせられました。


地震や台風など、自然災害もそうですが、
戦争による空襲や原爆の投下で、都市圏では焼け野原からの復興の歴史があります。
どんなに悲惨な状況に置かれても、やがて立ち直り、そして前を向いて進んでいく・・・
それが日本人の素晴らしさだと思います。

東日本大震災以降、僕ら夫婦のお金の使い方もガラリと変わりました。
高価な高級腕時計、高級ブランドバック、贅沢な旅行・・・
そういったものは欲しいとも思わないし、そもそも興味がないのだ。

201605141.jpg

GW中は気の向くまま、数日間、安宿に泊まりながらクルマを走らせてました。
気の向くまま・・・ですから、慌ただしく観光地を巡るようなことはしませんでした。

お天道様に

「今日はどんな景色を見せてくれるんだい?」

その日の天気と会話をするがごとく、空の様子を見ながらドライブコースを考えてました。

「よし、今日は五月晴れの富士だな・・・」

201605142.jpg

地元の人とのお話しも楽しい時間です。

写真の力というのはホントにスゴイですよね。
このスポットからの富士の写真を見た人が
世界中から大勢ここに集まって来ていました。

これぞジャパネスクと言える、
五重塔と富士と新緑。

201605143.jpg

景色の良い場所にクルマを停めては、トランクからコールマンの
リクライニングチェアを引っ張り出し、そよ風を感じながら
妻は読書を楽しみ、そして僕はお昼寝タイム。

GWの喧騒とは無関係な静かな湖畔。

201605144.jpg

ここで綺麗な夕日を見ながら、日が暮れるまでのんびりとしてました。
時間を気にすることなどなく、休日は僕は腕時計などしないんですよ。
ですから、僕は高価な腕時計などに興味がないんですけどね。

201605145.jpg

大震災など起きると家族のありがたみも身にしみてよくわかります。

そして、たとえお金はかけなくても
大事な家族と過ごす時間がいかに充実した時間なのかを。



震災後、しばらく控えさせてもたってましたが、
次回より 通常通りの写真を掲載しますね。



関連記事 

2015年 ゆく年くる年

2013年 PLAY BACK 2013

2013年 今こそ、魂のチカラを。







人気ブログランキングへ
ランキングにご協力お願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ セクシー系へ
にほんブログ村




この記事のURL | 未分類 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ