FC2ブログ
2016 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 02
東京オートサロン 2017
2017/01/15(Sun)
大寒波が襲った東京。

しかし、ここ幕張メッセだけは熱気に包まれていた。

会場内では大音量のビートが流れ、重低音の響きは魂を揺さぶるようだ。
このワクワク感がたまらない。


NPS_89051.jpg


NPS_9535.jpg


NPS_9802.jpg



カッコいいクルマととびっきりのいいオンナ

カッコいいクルマを手に入れ、
助手席には美女を乗せる。
これは男の憧れでもある。

ただ、今の社会情勢と言えば、
エコを謳い、低燃費が優先され、
クルマ本来のカッコ良さは二の次みたいな軽自動車が支持され、
女性のスタイルもジーンズで気軽にショッピングセンターなどへ、
出かけられるような気軽さが好まれている。

いわゆる、クルマも女性のファッションもおサイフ感覚な気がしてならない。


若い時にクルマに求めたのは、カッコ良さやスピードやパワーだったはず。

そして、付き合っている彼女がいなくとも、
いいオンナに若い男は憧れを抱いていたはずだ。


NPS_8817.jpg


NPS_9291.jpg


男が若い時に抱いていた憧れ・・・

カッコいいクルマととびっきりのいいオンナ

その憧れの気持ちを覚醒し、
若き日のワクワクした感覚にさせてくれるのがオートサロンのような気がする。


やはりいいオンナを見ると男は幸福な気持ちに満たされる。

天才アラーキーの言葉に、

「オトコならオンナを撮れ。かっこつけて空とか街とか撮るな。ちゃんと隣にいる女の子を撮れ、だよ。」

街だの風景だのと一見カッコつけた事抜かしているよりも
いいオンナにカメラ向けている時が幸せな時間であると
天才アラーキーは言いたかったのだろう。



コンパニオン、キャンギャルは、やはり脚・・・
美脚の競演の場でもある。

太い脚、細い脚が好みという価値観も否定はしないが、
コンパニオンのような美脚はやはり撮影していても気持ちが良い。

そして気持ち良く美しいもの、綺麗なもの、あるいはカッコいいものを撮り続けて行くことによって、
写真を撮っていく上で乏しかった自分の「美的センス」も磨かれて行くような気がする。


そうだ、今年は 「撮り年」 だ。


NPS_9588.jpg


NPS_8290.jpg


NPS_8551.jpg


NPS_8615.jpg


NPS_8694.jpg


NPS_8686.jpg


NPS_8796.jpg


NPS_8822.jpg


NPS_8944.jpg


NPS_9317.jpg


NPS_8995.jpg


NPS_9575.jpg


NPS_9124.jpg


NPS_9348.jpg


NPS_9710.jpg


NPS_9158.jpg


NPS_8812.jpg


NPS_9221.jpg


NPS_9951.jpg


NPS_9340.jpg


NPS_9484.jpg


NPS_8656.jpg


NPS_9490.jpg


NPS_8852.jpg




クルマが止まってドアが開く・・・

そこにはスタイリッシュな美脚美女の姿・・・

やはり男を魅了するのは、クルマといいオンナ。



NPS_9597.jpg

















この記事のURL | イベント | ▲ top
2017 スタート
2017/01/08(Sun)
新年らしく富士山の写真でスタートです。



(間近で見る雄大な富士と情景的レース写真)
201701081.jpg


本年もご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

今年は酉年・・・

福島のお友達からの新年のメールに「撮り年」 と書いてました。


「へ~、うまいこと言うなぁ・・・」


酉年と撮り年、なかなか洒落た言葉のメールに感心してました。

妻撮り、そして、好きな趣味の写真にと、今年も「撮る事」を楽しんで行きたいと思います。


201701082.jpg



201701083.jpg



さて、お正月休みは夫婦で名古屋を旅してきました。

今回、お目当てにしていたのが、名古屋城の復元された本丸御殿。

1945年 戦時中はアメリカ軍は2発の原爆以外にも、
大都市圏の大規模な空襲により、人命と共に歴史的な文化遺産も灰にしてきました。
名古屋城天守閣も本丸御殿も焼け落ちました。

復元され一般公開された本丸御殿・・・

「素晴らしい」・・・  何回も何回も口にしてしまいました。

金の襖には、見事な虎や豹が描かれていて、

ずっと見入ってしまいます。


201701084.jpg



201701085.jpg



201701086.jpg



201701087.jpg



201701088.jpg



僕たち夫婦のラッキーカラーは金色。

本丸御殿の金の部屋など、富と権力の象徴とするものなんですが、
装飾されたゴールドというのは、見る者の目を楽しませてくれますね。

そして幸せな気分にさせてくれるのが、ゴールドの輝きの魅力なんだと思います。

僕たちはお正月から本丸御殿でご利益をいただけましたので、
ゴールドのバドワイザーをお届けします。

ジュエリーやアクセサリーでもゴールドは人気ですよね。

ゴールドのハイレグも、まるで絢爛豪華なジュエリーのよう。



201701089.jpg



2017010810.jpg





今年も癒しを感じていただけたら幸いです。







2017010812.jpg



2017010811.jpg





人気ブログランキングへ









この記事のURL | レオタード | CM(13) | TB(0) | ▲ top
ゆく年くる年 2016 ID:i0bddi
2016/12/31(Sat)
帰省ラッシュのニュースも聞こえ、
帰省先、旅行先でブログをご覧になっている方も多いかと思います。

大掃除もまだ残ってはいますが、昨日、美里とふたりだけの忘年会をしてきました。
ハイ、そうです、夫婦だって忘年会はするんですよ。

ラブホテルにINして、
部屋に入ってすぐ、美里にはバニースーツに着替えてもらいました。

今回、夫婦の忘年会はバニースタイル。

前回更新した黒の本格バニースタイルと同じものです。
バニーがいると、ソファーとテーブルのあるお部屋はそのままバニークラブになります。


居酒屋の忘年会コースだと、
2時間 飲み放題とかよくありますよね。

ラブホでの忘年会だと、
バニー見放題。
バニー触り放題のコースとなります。(^^;

前回のバニースタイルとちょっと違う点がひとつありまして、
本格バニーはバックシームの網タイツが定番なんですが、
今回は黒のオールスルーのパンストにしました。

なぜかというと、網タイツだと、ザラッとした触感なんですが、
やはり脚を撫でるのであれば、滑らかツルツルの黒のパンスト脚の方が良い。(^^;

撮影用は網タイツにこだわりますが、
脚をなでなでする目的であればやはりパンスト脚の方がいいってことですね。


夜のバニークラブのように、照明を控えめにしたお部屋の中で、
黒のサテンの光沢とパンストの光沢が浮かび上がりました。

ハイヒールと耳もあるせいか、美里バニーはかなりの高身長に見えるんですよね。


ソファーにふたり並んで座って・・・

バニーがそこにいるだけで、ラブホもバニークラブになっちゃうんですよ。

会員制の高級バニークラブへは、なかなか行けませんからね。(^^;







さて、画像のほうなんですが、
最後の更新は今年のダイジェスト版を掲載しようと思っていました。


2016123101.jpg


2016123102.jpg


2016123103.jpg


2016123104.jpg


2016123105.jpg


2016123106.jpg


2016123107.jpg


2016123108.jpg


2016123109.jpg


2016123110.jpg


2016123111.jpg


2016123112.jpg


2016123113.jpg


2016123114.jpg


2016123115.jpg



今年一年間、応援ありがとうございました。


それでは皆様、良いお年を~。



ランキングにご協力お願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ セクシー系へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





この記事のURL | RQ | CM(31) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ