FC2ブログ
2017 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 03
ミリタリー
2017/03/11(Sat)
前回、teddyboyさんからのコメントで、
ミリタリー・ファッションのお話がありました。

「俺もミリタリー、好きやわ~ ♪」


っていうことで、今回は 「迷彩色」で行ってみよう!!

網タイツにニーハイブーツの組み合わせですが、
欲を言えば、M-16 ライフルなど持つと、もっと良かったですね。


2017031101.jpg


ヘリコプターでミッションを遂行するソルジャーっぽくって。


2017031102.jpg


2017031103.jpg


2017031104.jpg


2017031105.jpg


2017031106.jpg


2017031107.jpg


ミリタリーものでは、
F-14 TOM CAT の登場する映画 「トップ・ガン」や
B-17 フライング・フォートレスの登場する「メンフィス・ベル」
若い時に夢中になって見ていまして、後にDVDまで買ってしまいました。


特にフライング・ジャケットというのが好きで、
若い時はこればっかり着ていましたね。



最初はまず、ワッペンの貼ってある 「MA-1」でした。


次に買ったのが、革製のフライト・ジャケットでしたね。


第二次大戦、戦闘機乗りの 「A-2」
これはもう大のお気に入りで、
冬場はこればっかりでした。

そして、革のフライト・ジャケットは、着こむほどに風合いが出てきて、
そこがまた、たまんないんですよね。

そして、爆撃機乗りの為の 「B-3」
「ボマー・ジャケット」と呼ばれてました。

当時のB-17などは、与圧もなく密閉された機体ではなかったので、
敵との戦いの前に、上空の 「寒さ」 との戦いでした。

実際に着てみると、裏地が羊毛なので、ホント 暖かい。


当時はキャンプにも美里とよく行っていたので、
冷え込む夜でも、革製のフライト・ジャケットはさすがに暖かい。

キャンプでの防寒の機能性として
そして、アウトドアのファッションとしても
革製のフライト・ジャケットはよくマッチしていたと思います。


この記事のURL | レオタード | CM(10) | TB(0) | ▲ top
YOKOTA AIR BASE (横田基地) とFEN
2017/02/26(Sun)
ノーズ・アートのピンナップガール風に。


2017022601.jpg


2017022602.jpg


東京にあるフェンスの向こうのアメリカ、横田基地。

「福が生まれる」と書いて福生(ふっさ)

東京都福生市にあります。


2017022603.jpg


2017022604.jpg


軍事施設というと、
重っ苦しいというか、陰気臭いイメージを持ちそうですが、
ここ福生の街には洒落たアメリカンテイストのショップやレストランもあって、
陽気なアメリカの風が流れています。

断っておきますが、軍用機をブログにアップするからと言って、
私は戦争賛美者ではありません。

軍用機=戦争 
アレルギー的にこのようにレッテルを貼られるのは心外なんすよ。


2017022605.jpg


2017022606.jpg


若いころ、まだ自分のクルマも持っていない時代、
よく先輩のクルマに乗っかってました。

女っ気は無かったのですが、横浜や江の島に行ってましたね。

先輩のクルマの中では、普通に音楽も流してましたが、
ラジオの周波数をAM810 「FEN」 もよく流してました。

FEN (FAR EAST NETWORK) 英語のラジオ放送なんですが、
もちろん、我々は話している内容など、さっぱりわかりません。

もともと学生時代も英語はどちらかというと苦手でしたから~。

ただ、話している内容はちんぷんかんぷんなんですが、
流れてくる英語がとてもリズミカルなんですね。

そんでもって、聞いていて何だか心地いい。

そして、イカしたロックやオールデイズが電波に乗って流れてくる訳なんですよ。

やはりそこは陽気なアメリカ。


2017022607.jpg


2017022619.jpg



この英語放送のFEN・・・

横田基地内から放送されているんですよ。

「イーグル 810 」 とも呼ばれてました。


横田基地、

FEN

福生のアメリカっぽいショップの数々・・・

やはりそこはリトル・アメリカ。


2017022609.jpg


2017022618.jpg


当時の先輩のクルマはトヨタでしたが、
FENが流れると、またちょっと違った雰囲気になりますよね。

FENも時代が変わって名称も変わり、
AFN (American Forces Network)となりました。


2017022611.jpg


2017022612.jpg


助手席に美里が乗る場合は、
音楽の主導権は美里にあるんですけど、
今でも、一人でクルマに乗っている時は、
AM810に合わせる時がありますね。


2017022614.jpg


横須賀にもアメリカ海軍の基地があります。

もし、クルマでドライブされるんだったら、
国道16号線、横須賀の海軍基地を過ぎたあたりで、
ラジオのAM810に合わせてみてはいかがでしょうか?

馬堀海岸のヤシの木のストリートを走るとね~、
カルフォルニアの風が感じられるかもしれませんよ~。


2017022613.jpg


関連記事


2013年 厚木 

2013年 ノーズ・アート












この記事のURL | イベント | CM(8) | TB(0) | ▲ top
春はもうすぐ
2017/02/15(Wed)
休日に風はまだ冷たかったが、青空が気持ち良かったので、
美里と東京の街を散歩していました。

偶然にも、早咲きの河津桜が見ごろでした。

東京の桜の開花が発表されるのは、靖国神社の標準木の桜が基準になります。

ソメイヨシノは3月下旬から4月ですので、
河津桜の開花はとても早いです。

ちょっと濃いめのピンクの桜が咲き誇ってました。

そして、タイミングよく、そこへ鳥が飛んできました。


桜に鳥・・・いいね~ ♪


その一瞬をパチリ。


201702151.jpg


また、ちょうど、京都から舞妓さんがイベントに来ていて、
こちらもシャッターを連射してました。

美里もツーショットで撮影させていただきましたよ。


201702152.jpg


「花より団子」


いやいや、


「花より舞妓」 ♪



僕は舞妓さんの後ろ姿が好きなんですね。

うなじとだらりの帯がステキなんですよ。


201702153.jpg


花見に一杯

そして、お座敷で舞妓さん芸妓さんの舞いを見ながらと言えば、
やはり日本酒ですよね~。



昨日のバレンタインデーに美里からのプレゼントは
日本酒の 「獺祭」(だっさい)でした。

ここ最近の僕の晩酌は、知り合った人との影響もあってか、
越後の酒、「景虎」 や 「菊水の辛口」 がお気に入り。

「菊水の辛口」「景虎の龍」「八海山」 など、とっても男性的な感じがしますが、
長州の酒、「獺祭」は保守的な日本酒に維新の風を吹き込んだ蔵元と言えるでしょう。

ここ数年、何かと話題になっている「獺祭」・・・
以前、和食のお店で、獺祭を注文したところ、

「当店での獺祭は、ワイングラスでお出ししてます。」 とのこと。

ワイングラスで日本酒・・・一見アンマッチですが、
ワイングラスでまず初めに獺祭の香りを楽しんでくださいとのことのようです。

獺祭の味で僕がイメージするのは、すっきりとした口当たりで女性的な感じのするお酒。

実は銀座にも獺祭のストアがあります。
ここは一見するとブランドショップのように見えますが、
セレブな女性が似合うようなお洒落なショップです。
とても高級感あるお店ですね。

今までの保守的な男臭い日本酒にあって、
獺祭は気品漂う、「いいオンナ」 的な日本酒のように思えます。

寿司屋では、当然日本酒は置いてますが、ワインも置いてあるお店もありますね。

先日の美里との東京散歩の時はお昼にステーキハウスでランチを食べたんですが、
肉料理と言えば、赤ワインという図式なんでしょうが、
ステーキハウスなのに獺祭が置かれてました。

しかも日本酒は獺祭のみ・・・
その時に美里と話した流れで、バレンタインに獺祭をプレゼントしようと
思ったのかもしれませんね。


海外でも有名な獺祭。
日本酒に維新の風を吹き込んだ長州のお酒。

獺祭というのは、かの正岡子規の俳号でもあったそうです。
そういえば、彼も形式にとらわれない俳句を編み出していました。


ただ・・・

僕自身の酒飲みのスタイルとしては、
鶯谷とか横浜の野毛にあるような大衆酒場で、
焼き鳥と冷や奴と「高清水」 のほうが好きなんですよ。


それこそ男臭い酒のほうがね。


201702157.jpg

(京都で花魁に変身した美里太夫)









この記事のURL | コスプレ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ